LAN工事費用情報

LAN工事の費用単価まとめ!

LAN工事の費用相場

オフィスの新設、移転に欠かせない工事が”LAN工事”。

パソコンや複合機などの機器同士を接続したり。
パソコンをインターネットに接続したりするのに必要な工事です。

しかし、欠かせないものだからこそ、気になるのが”費用単価”。

オフィスの新設、移転にはLAN工事の他にも様々な工事が。
電話工事や電気工事、内装工事などどれも欠かせないものです。

もし、LAN工事の費用単価が高いと、他の予算を圧迫することに。

そこで、今回はLAN工事にかかる費用単価をまとめてみましょう。
LAN工事で知っておきたい”有線”と”無線”の違いにも触れています。

▶︎目次

1.LAN工事とは何か?

誰しもなんとなくのイメージはある”LAN”ですが、詳しくは意外と知らないもの。
そこで、まずは”LAN工事とは何なのか”から詳しくご説明しましょう。

LANとは”限られたネットワークのこと”

LANとは”ローカルエリアネットワーク”、つまり”限られたネットワーク”のこと。

オフィス内にはパソコンや複合機、サーバーなど様々な機器が。
これら機器同士を接続して作られたネットワークがLAN(ローカルエリアネットワーク)です。

ちなみに、LANとは反対の位置に”WAN”と呼ばれるネットワークも。

WANとは”ワイドエリアネットワーク”、つまり”世界中を対象にしたネットワーク”のこと。

インターネットもWANの一種で、LANとは異なるので混同させないようにしましょう。
プロバイダーの提供する”モデム(接続器)”でLANとWANの仲介が可能です。

ただ、一般的にはLAN工事の中にインターネット(WAN)との接続も含まれています。

LANには”有線”と”無線”が

”LAN工事=LANの構築とWANとの接続”というイメージで正しいと言えます。
しかし、LAN工事には”有線LAN”と”無線LAN”の大きく分けて2つの種類が。

有線LAN

LANケーブルなど”有線ケーブル”を使って構築されるLANのこと。

有線なので通信を障害物に邪魔されにくく、速度も落ちにくいのが特徴です。
オフィス内での主要なLAN設備としては、安心感から有線LANが選ばれます。

ただし、天井や壁、床などに大規模なLAN工事をすることに。
LAN工事にかかる費用単価も高くなりやすいので注意が必要です。

無線LAN

無線LAN機器により”電波(無線)”を使って構築されるLANのこと。

無線(電波)なので一定間隔ごとに無線LAN機器を設置するだけ。
LAN工事の費用単価を抑えられ、かつ電波さえ届けばどこでも通信できます。

反面、障害物によって通信が邪魔されやすく、速度も落ちやすいと言えます。
オフィスでは有線LANを基本に、部分的に無線LANを組み合わせるのが一般的です。

2.LAN工事の費用単価

オフィス内のLAN工事では、一般的に”有線LAN”を基本として構築します。

以下に、LAN工事にかかる費用単価をまとめました。

  • LAN配線…3,000円/10m
  • パッチ配線…2,000円/10m
  • ルーター設置…10,000円/台
  • ネットワーク設定…6,000円/台
  • 派遣費…10,000円/人

小規模なオフィスで10万円前後、中規模で20,30万円はかかるでしょう。

ただし、上記の費用単価はあくまで”平均的”なもの。
業者によって費用単価の設定というのは自由にできます。

まずは近場の2,3社から見積もりを取って、費用単価を比較するのがおすすめです。

3.まとめ

今回は、LAN工事にかかる費用単価についてまとめてみました。

小規模なオフィスで10万円前後、中規模で20,30万円前後はかかるもの。
フロア丸ごとや階をまたいでなど、大規模になると100万円以上かかることも。

だからこそ、2,3社から見積もりを取って、費用単価のお得なところを探すことが大切です。

しかし、費用単価の安さだけで選ぶと、サービス面で不十分なこともあります。
費用単価の安さはもちろん、その他も総合的に比較してから決めるのがいいでしょう。

ぜひ、紹介した費用単価を参考に、LAN工事の業者を比較してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です